気楽なソフト工房

プログラミングについていろいろな記事を書いています。



mykonos2008

Author:mykonos2008
システムエンジニアとして働いている30代の会社員です。
仕事や趣味でプログラムを書いている方の役に立つ記事を書いていきたいと思っています。
ご意見、ご感想はこちらまで
If you are an english speaker,Please visit my english blog.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Silverlightでテキストを右から左にスクロールさせる[HPブログパーツ]を作りました。
フォントの色やサイズ、スクロール速度など細やかな設定が可能になっています。

フリーですので、是非お使いください。


テキストスクロールのダウンロード

■ページへの埋め込み方法
HTMLに以下のObjectタグを貼り付けます。
<div id="Div2">
   <object data="data:application/x-silverlight-2," type="application/x-silverlight-2" width="350" height="40">
   <param name="source" value="Billboard.xap"/>
   <param name="background" value="white" />
   <param name="minRuntimeVersion" value="3.0.40818.0" />
   <param name="autoUpgrade" value="true" />
   <param name="initParams" value="conf=board.xml"/>
   <a href="http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=149156&v=3.0.40818.0" style="text-decoration:none">
      <img src="http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=108181" alt="Microsoft Silverlight を入手" style="border-style:none"/>
   </a>
   </object>
   <iframe style="visibility:hidden;height:0px;width:0px;border:0px"></iframe>
</div>

Objectタグのwidthやheightを指定して、Silverlightの領域のサイズを指定してください。

<param name="source" value="Billboard.xap"/>はSilverlightの実行ファイルであるxapファイルへのパスを示しています。
HTMLファイルと同じディレクトリに配置する場合は、上記のようにファイル名だけで記述します。ディレクトリが異なる場合は、
[xapdir/Billboard.xap]のようにHTMLファイルからの相対パスを指定します。

<param name="initParams" value="conf=board.xml"/>はこのパーツの設定を記述したファイルへの相対パスを指定します。
相対パスはxapファイルからのパスを記述します。この記述を省略した場合、xapファイルと同じディレクトリに「board.xml」が
ある前提で設定を読み込みます。

■設定方法
Objectタグの<param name="initParams" value="conf=board.xml"/>要素に記述したファイルに
以下の内容を記述します。(ダウンロードファイルにはサンプルが含まれています。)
このファイルはUTF-8で保存してください。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<board-settings>

  <!-- 
     文字の色(省略した場合、黒が設定されます。)
  -->
  <color>black</color>
  
  <!-- 
     背景色(省略した場合、白が設定されます。)
  -->
  <background>white</background>

  <!-- 
     文字の大きさ(省略した場合、12が設定されます。)
  -->
  <font-size>12</font-size>

  <!-- 
     次のテキストに切り替わるまで停止している時間(秒) (省略した場合、3が設定されます。)
  -->
  <interval>2</interval>

  <!-- 
     テキストが右から左にスクロールするのにかける時間(秒)
     (省略した場合、スクロール幅に合わせて自動計算した値を設定します。)
  -->
  <scroll-time>9</scroll-time>
  
  <!-- 
     枠線の色(省略した場合、黒が設定されます。)
  -->
  <border-color>green</border-color>
  
  <!-- 
     枠線のサイズ 枠線を付けない場合は0に設定してください。
     (省略した場合、0が設定されます。)
  -->
  <border-size>1</border-size>
 
  <!--
     表示するテキストのリスト
     表示するテキスト毎にtextタグを定義します。
  -->
  <text-list>
    <text>
      <!-- 表示するテキストの内容(省略不可) -->
      <title>これはテキストをスクロールさせるブログパーツです。</title>
      
      <!-- テキストのURL (省略した場合、テキストがリンクになりません。) -->
      <url>http://csfun.blog49.fc2.com/</url>
      
      <!-- 
         テキスト個別の色 board-settings/colorよりも優先されます。
         (省略した場合、board-settings/colorの値が設定されます。)
      -->
      <color>blue</color>      
    </text>
    <text>
      <title>気楽なC#工房はC#やSilverlightについて書くブログです。</title>
      <url>http://csfun.blog49.fc2.com/</url>
    </text>
  </text-list>
</board-settings>


色を指定する場所では以下のURLの「定義済みの色」に記載されている141色の中から指定可能です。
色見本

■簡単な配置方法
Objectタグの要素の指定の仕方によっては、xapファイルとhtmlファイル、board.xmlファイルを同じディレクトリに
配置する必要はないのですが、簡単な方法はすべて同じディレクトリに置いておくことです。

不具合などありましたらご遠慮なくご報告ください。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。