気楽なソフト工房

プログラミングについていろいろな記事を書いています。



mykonos2008

Author:mykonos2008
システムエンジニアとして働いている30代の会社員です。
仕事や趣味でプログラムを書いている方の役に立つ記事を書いていきたいと思っています。
ご意見、ご感想はこちらまで
If you are an english speaker,Please visit my english blog.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows Phoneアプリの開発を始める前に、開発環境や、Market Placeへの登録方法などをお話します。

■開発環境について
開発環境は全て無料で入手することが可能です。
「Windows Phone SDK 7.1」

※ Windows XPには対応していません。

Microsoft Visual Studio 2010 Express for Windows PhoneやExpression Blendの他に、開発用のエミュレータが付属しています。
エミュレータはGPSのデバッグ機能も付いていて、実機がなくても問題なく開発が進められます。

■Windows Phone Market Placeへのアプリ登録について
Market Placeへのアプリケーションを登録するためには、まず「App Hub」と呼ばれる
開発者コミュニティの12ヶ月メンバーシップ(\9800)を購入する必要があります。
実機でデバッグを行う際も、このメンバーシップが必要になります。

アプリの提出は「App Hub」から行います。提出したアプリは審査にかけられます。審査には平均3-5営業日かかります。
審査の基準はmsdnで公開されています。

アプリの開発を始める前に一度目を通して、やらないといけないこと、やってはいけないことを
確認しておく必要がありそうです。

また、提出する前にセルフチェックするための、「Market Place Testkit」も提供されています。

審査では基準を満たしているか、細かなチェックが入るので面倒なようですが、
これによりユーザは安心して、アプリを利用できるようになり、Windows Phoneへの
信頼も高まるので、良いことだと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://csfun.blog49.fc2.com/tb.php/105-a0c80d1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。