気楽なソフト工房

プログラミングについていろいろな記事を書いています。



mykonos2008

Author:mykonos2008
システムエンジニアとして働いている30代の会社員です。
仕事や趣味でプログラムを書いている方の役に立つ記事を書いていきたいと思っています。
ご意見、ご感想はこちらまで
If you are an english speaker,Please visit my english blog.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、「Google App Engine」とSilverlightを組みあせて何かソフトを作ろうと
いろいろと調べたりしています。そこで得たTipsを「Silverlight Tips」として紹介していこうと思います。

そこで、今日は、「Google App Engine」にSilverlightをホストする方法を紹介します。

※この記事はローカルPCに「Google App Engine」のSDKがインストールされていて、SDK付属の開発用Webサーバで
helloworld.pyが動く環境が整えられていることを前提とします。

と言っても、面倒なことはほとんどありませんでした。

まず、「app.yaml」と「helloworld.py」を置いているディレクトリの下にSilverlightの
コンテンツを置く「slight」というディレクトリを作ります。そして、作成した
Silverlightアプリケーションのコンテンツをその下に置きます。

ディレクトリ構成はこんな感じになっています。

 [c:\python]
      |--app.yaml
      |--helloworld.py
    [slight]
        |--Moley.xap
        |--AppManifest.xaml
        |--moley.html

[Moley」はSilverlightアプリケーションの名前です。「moley.html」は
Visual Studioが自動生成する「TestPage.html」の名前を変えただけのファイルです。

そして、「app.yaml」に静的ファイルを扱うための設定を追加します。

application: blue-island
version: 1
runtime: python
api_version: 1

handlers:
↓ここを追加しました。
- url: /slight
  static_dir: slight

- url: /.*
  script: helloworld.py

全てのURLパターンに該当してしまう「helloworld.py」の設定よりも
上に追加する必要があります。
次に以下のコマンドでテスト用のWebサーバを起動します。

  dev_appserver.py c:\python

そして、ブラウザから「http://localhost:8080/slight/moley.html」にアクセスすると
見事にSilverlightアプリケーションが動作しました。

mimeタイプなどを指定する必要があると思っていたので、ちょっと拍子抜けした
感じでした。

本当にこれでいいのかと半信半疑だったので、「Google App Engine」のサーバに
インストールしてみました。

  appcfg.py update c:\python

上記、コマンドを打つと、

  Could not guess mimetype for slight/Moley.xap.  Using application/octet-stream.
  Could not guess mimetype for slight/AppManifest.xaml.  Using application/octet-stream.

というメッセージが表示されるので、やっぱり何かまずいのかなって思ったのですが、
ブラウザで表示してみると難なく、動作しました。

アプリケーション自体はボタンを配置して、そのボタンがクリックされたら、
メッセージボックスを表示するだけのシンプルなものです。
以下がサンプルのURLです。

サンプルのURL




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://csfun.blog49.fc2.com/tb.php/35-c164c92e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。