気楽なソフト工房

プログラミングについていろいろな記事を書いています。



mykonos2008

Author:mykonos2008
システムエンジニアとして働いている30代の会社員です。
仕事や趣味でプログラムを書いている方の役に立つ記事を書いていきたいと思っています。
ご意見、ご感想はこちらまで
If you are an english speaker,Please visit my english blog.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動画を再生するフォームにYoutubeのコメントを表示するようにしました。

(画像をクリックすると拡大表示します。)

取得の仕方は動画を検索するのとほぼ変わらず意外と簡単にできました。
YouTube APIに接続して検索などを行う専用のクラス[YouTubeProxy」にGetComments()を追加しました。
クエリに指定するURLは[YouTubeEntry]クラスの「Comments.FeedLink.Href」から取得できます。

   public CommentsFeed GetComments(String url, int startIndex)
     {
         //APIへのプロキシ
         YouTubeService service = new YouTubeService(_applicationName);

         //クエリオブジェクト
         YouTubeQuery query = new YouTubeQuery();
         query.Uri = new Uri(url);
         query.StartIndex = startIndex;
         query.NumberToRetrieve = _retrieveCount;

         return service.Query(query) as CommentsFeed;
     }

そして、CommentsFeedからCommentEntryを取り出して、コメントの情報を取得します。
CommentsFeedの中には他のコメントの返信コメントも含めて指定した動画に関連するコメントが格納されています。
CommentEntryのRepliesが設定されているコメントは、他のコメントに対する返信コメントになります。Repliesから返信先のURLを取得し、関連付けを行うことができます。

前々回で、動画の再生はFlashのActiveXをフォームに貼り付ける方法で行っていましたが、この方法だとキャッシュがされないことと、自動的に再生が始まらないという問題があったため、WebBrowserコントロールに「ここ」に載っている方法でPlayerを貼り付けることにしました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://csfun.blog49.fc2.com/tb.php/5-7ce5795d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。