気楽なソフト工房

プログラミングについていろいろな記事を書いています。



mykonos2008

Author:mykonos2008
システムエンジニアとして働いている30代の会社員です。
仕事や趣味でプログラムを書いている方の役に立つ記事を書いていきたいと思っています。
ご意見、ご感想はこちらまで
If you are an english speaker,Please visit my english blog.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回もWPFのTipsです。最近WPFでソフトを作っているので、紹介したいものがたくさんあるのです。

WPFで開発をしているとWindowsフォームにあるSplitterやSplitContainerみたいに画面を分割するための
コントロールが無いことに気づくと思います。

でも、ご心配なく。ちゃんとあります。GridパネルとGridSplitterというコントロールを使用します。
以下は最近私が開発しているソフトの画面なのですが、画面をGridSplitterを使って左右に分割しています。



画面からは読み取れませんが、画面の左側にTreeViewと右側にListViewを配置しています。
以下は該当部分のXAMLになります。

    <Grid>
        <Grid.ColumnDefinitions>
            <ColumnDefinition/>
            <ColumnDefinition/>
        </Grid.ColumnDefinitions>
        
        <TreeView Grid.Column="0"></TreeView>
        <GridSplitter VerticalAlignment="Stretch" Width="2"/>
        <ListView Grid.Column="1"></ListView>
    </Grid>

まず、Gridパネルに列を2列定義します。そして、TreeViewを左側の列にListViewを右側の列に配置します。
そして、その真ん中にGridSplitterというWindowsフォームのSplitterに該当するコントロールを配置します。

今回は画面を左右に分割しているので、GridSplitterのVerticalAlignmentにStreah(縦に伸ばす)を指定しています。

GridSplitterを配置する列は定義する必要はありません。

以上で、完了です。Splitter部分にカーソルを持っていくと、左右のコントロールのサイズを調整することが出来ます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://csfun.blog49.fc2.com/tb.php/70-3a642b77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。